母はこうして息子が覗き見る前で悪○キ達のスケベ奴●に堕ちた

同人新着情報

母はこうして息子が覗き見る前で悪○キ達のスケベ奴●に堕ちた

内容
—————■登場人物—————・香織:勇太の母・勇太・龍一:悪○キ1・陽二:悪○キ2・三雄:悪○キ3—————■ストーリー—————同級生にいじめられていた息子の勇太を助け出した母親の香織は、三人の悪○キ達のターゲットになってしまい、最終的に息子が覗き見る前で悪○キ達に輪●される、というあらすじです。※以下に本作の少し細かい流れを記載します。前知識なしで作品を楽しみたい場合は、読み飛ばしていただいた方がいいかもしれません。香織が同級生にいじめられていた息子の勇太を助け出したその週末、悪○キ達は態度を一変し、いじめの謝罪に手土産を持って香織宅を訪れる。いじめを心配していた香織であったが、それが杞憂に終わったと安堵する。しかし、それは悪○キ達による香織強●計画の始まりであった。計画の実行下で勇太は悪○キの一人に外に連れ出され、しばらく家に戻ってくるなと怒鳴られる。勇太は一人公園で時間を潰すも、残された母親のことが心配になり自宅に戻る。玄関には鍵が掛かっていたが、勇太は何とか家の中に侵入。静まり返ったリビングには母親も誰もいない。そして、恐る恐る二階の自分の部屋へと向かう。そこで勇太が目にした光景はーー。香織は息子を金輪際いじめないことを約束に悪○キ達に下着を見せていたが、悪○キ達の行為はエスカレートし、香織を囲んで身体を触りまくる状況になっていた。香織は何故だか分からない身体の火照りを感じながら、それらの行為が淫行と分かりつつも、完全に拒めずにいた。収まりきれなくなった悪○キの一人がズボンを脱ぐと、残りの二人もズボンを脱ぎ始める。香織は子○達にズボンを戻すように叱るものの、息子のモノとは形も大きさも違う三本のイチモツに目が離せず、身体の火照りが更に高まっていることを自覚する。悪○キ達を鎮めるために、香織は仕方なくフェラチオと手コキで三人を射精させるが、自身の身体の火照りは全く収まっていない。そんな中、不用意にも悪○キの一人と抱き合ってキスを始めてしまう。悪○キの手は香織のおっぱいから下半身へ。息子の同級生相手に流石にこれ以上の行為はまずいと一旦その手を払い除けるが、そのとき息子の勇太が部屋を覗き見ていたことを知り、香織は頭が真っ白になってしまう。そして、悪○キ達に身体を押さえ付けられ、衣類を剥がされ、輪●されて・・。息子にその行為を覗き見られていることを知りながらも、身体は感じてしまう女のサガ。母はこうして悪○キ達のスケベ奴●に堕ちてゆくーー。悪○キ達が帰った後、母と息子二人残されて気まずい雰囲気になるが、そこで母親の香織が息子の勇太に言った驚きの言葉とは・・!?—————■体験版—————冒頭11ページとエロシーン5ページを収納しています。本作をご購入の前に是非お試しください!===============■製品版===============・フルカラー漫画80ページ(表紙、あとがき含む)・画像サイズ:2480×3508(px)・PDF版同梱

無料立ち読みはこちら

タイトルとURLをコピーしました