あやかし奇譚~好奇心旺盛なダウナー座敷童~

同人ボイス

タイトル : あやかし奇譚~好奇心旺盛なダウナー座敷童~

Information
◆あらすじ深夜、大きな物音に目を覚まし、物音のした部屋にゆっくり近づくと…そこにいたのは着物姿の少女でした。「……あれ?見えているのか?」「……えっと……口がパクパクしているな」「結構驚いているのか」「私は……うーん……なんと説明すればいいんだ……あっ……」驚きのあまり卒倒してしまい、次に意識を取り戻したのは、少女の膝の上でした。膝枕で頭を撫でられながら寝ていたようです。「あ、起きた」「……何も気絶しなくていいだろう」「私までびっくりした」呟くような声音で淡々と話す少女。色々と質問を投げかけてもいまいち要領を得ず、困惑していると少女は自分の正体を語りだします。見た目は少女だが子供ではない。ついでに言えば人間でもない。貴方よりは遥に長生きしていること……。「……そうだな、わかりやすく言えば妖怪だ」わけがわからず目を白黒させていると、少女はこの部屋に縛られたから一緒に住むと告げてきます。追い出すと大変なことになるという一言を添えて。そんなわけないと思いつつも、一度気にしてしまうと怖くなってしまうのが人間。釈然としないものを抱えつつも承諾すると、少女はあれこれと要求しだします。図々しさに呆れていると、これくらいは当然のもてなしと少し怒ったように少女。改めて少女に正体を聞くと、そういえば言ってなかったとあっさりと正体を告げます。「では改めて、座敷童だ」「これからお世話になるぞ」ひょんなことから招き入れてしまった、好奇心旺盛な座敷童との共同生活。どうぞお楽しみくださいませ。◆トラックリスト01.これからお世話になるぞ(8:34) 「あ、起きた」 「……何も気絶しなくていいだろう」 「私までびっくりした」 「人間とは意外とひ弱なのだな」02.私にも教えてくれ(8:34) 「私はこの部屋から自分で出ることができないからな」 「いつもいたぞ」 「お前がいるときは大体起きていたし、見ていた」 「……どうしたんだ?なんか顔が強張っている」 「……おな……にぃ?なんだ?それ」03.体が、熱くて……(19:15) 「どうした、目を逸らして」 「ちゃんとこっちを見て、やり方をしっかりと教えてくれ」 「んしょ……脚を、開く……んっ……と……こう、か……?」 「それでここからは……?」 →オナニー鑑賞、手マン、手コキ、フェラチオ、口内射精04.この火照り、お前に鎮めてほしい(11:39) 「わかっ、た……言う通りにすれば、収まるん、んくぅ、んっ……だな……」 「おちんぽをおまんこに……入れる、のか……?」 「はぁ、ん……でもそれは、子を為す行為ではないのか……?」 「お前は……私との子が欲しい、のか……?」 →素股、正常位処女セックス、中出し05.今度はちゃんと……自分で入れる(12:29) 「今度は、ちゃんと……自分で入れる、から……」 「はぁ、はぁ……おちんぽ、ちゃんと……んぅっ……」 「お前は動かなくていい、からっ……ぁぅ、んっ……」 「はぁ、はぁ……見てて、くれ……んぅ、んっ……んぁっ、ぁぁぁ……」 →騎乗位セックス、ベロチュー、中出し06.見ればわかるだろう?夜●いだ(15:53) 「……見ればわかるだろう?夜●いだ」 「びっくりしたか?ふふふ」 「……いんたぁねっとで見たんだ」 「男女にの間はいつもと違う刺激が必要らしい」 →夜●い、ベロチュー、乳首責め、キスマーク付け、耳舐め07.お前の形になってしまう(14:38) 「はぁ……ぁ……くんくん……この、におい……はぁ……はぁ……」 「何で、こんなに興奮するんだ……」 「なぁ、舐めながら舐められるやつ、やってみたい……んぅ……」 →69、口内射精、騎乗位セックス、中出し08.疲れた……(5:07) →添い寝09.とても酔ってるぞ(10:53) 「……なぁ、その缶に入ってる……飲み物?それは何を飲んでるんだ?」 「……以前からちょいちょい飲んでいる姿は見ていたが、中身が気になっていた」 「……びーる?ふむ……びーる……ふむ……それで、そのびーるというのは……」 「……あぁ、酒なのか……どんな味がするんだ?それは」 →酔いどれベロチュー、乳首舐めさせ、顔面騎乗クンニ10.お前も私の中をじっくり味わえ(13:47) 「これっ……この、感覚っ……おちんぽが中でっ、ふぅ、んっ……」 「ビクビクするのたまら、ないっ……ふぁっ……」 「腰っ、動かしたいん、だなっ……ふふ、ふっ……ぅっ……んぅ……」 「でも、まだっ……ぁぅ、んっ……はぁ、ぁっ……んぅっ……」 →酔いどれセックス、酔いどれ耳舐め、酔いどれベロチュー、中出し11.お前のこと、大好きだぞ(3:50) 「あんなになるなんて……ああぁ……酒とはなんと恐ろしい飲み物なんだ……」 「飲んだ瞬間に気が大きくなって……ふわふわして……」 「気付いたら裸になっていた……体も火照って、あんなに濡れてしまって……」 「敏感に、なって……夢中になってしまって……あぁぁぁ……」

タイトルとURLをコピーしました